医療法人 草創の会 草野医院

更新情報

関連リンク,医師紹介

主な連携医療機関・医師紹介です。

風景写真

医院の今昔、風景写真、患者さんからの絵画等

トップページ

診療日の掲示など

診療案内,医療連携

草野医院の施設概要

風景写真のコーナー

 

昭和45=1970年の頃 (開院直前の様子)

女性にかかっている影は、若かりし頃の前院長ですね

 

時代は高度成長期

空が澄んでいて綺麗ですね

『地域の方々にも支えられて、ここまで辿り着いたとの思いでした。』

 

 

開院後しばらくして(1970年代前半の表通り)

  祖父:長崎県平戸村生。大正11年、長崎医学専門学校医学科卒業。

長崎県警衛生課~鳥取県衛生課長~群馬県衛生部長~長崎医科大学講師~

佐世保市衛生部長兼保健所長~日赤長崎血液センター所長等々を歴任。

昭和46年に勲四等瑞賓章。

昭和56年に野芥の自宅にて、看取られる。

 

 

平成初め (開院20年目の頃)

S.Tさま(当時83歳) 作品No.403 1990.1.24 寄贈

『和服下駄履きの似合う豪放磊落、且つ繊細で優しいお人柄。晩年からこよなく油絵を愛し、博多の風景など多数の作品を描かれました。』

 

 

旧医院の外観1 (昭和~平成にかけて)

この頃は、表の三角地に花壇がありましたね

 

 

旧医院の待合室2 (昭和~平成にかけて)

グリーンを基調としていたようです。本棚が充実していましたね。

奥のドアからは看護師さんが出入りしていましたが、現在は、第Ⅱ診察室となっています。

 

 

20→21世紀へのアーカイブ

在宅ターミナル ケア(平成8=1996年1月) / 敗戦の思い出(2003年8月)

心身医学的オリエンテーション レクチャー解説(草野内科小児科医院) /

平和で幸せな21世紀を(編集後記より)。

 

2005年夏 医院表通り風景

開院して35年目の頃ですね。21世紀も5年生。

 

 

旧医院 西側 (野芥 『3丁目の夕日』)

平成18=2006年 初夏の頃でしょうか

影は左から、前院長と工務店さん,"撮影医"ですね(^_^)

 

 

本院"第一次"改装工事の開始前

短期間ですが、狭いながらも楽しい仮設診療所での診療でした。

この頃より、二診体制が始まります。

工事に際しては、ご近所(野芥二区)の方々のご協力も大変有難かったです。

広田工務店さん・旧メイデンさん・野村商店さんにも御世話になりました。m(_ _)m

 

 

院内風景 (平成26=2014年5月)

S.T様の弟さまより綺麗にプリントアウトして頂きました。

下段真ん中の奥の絵画は野芥の 文明画伯の『青い音色』です。

”嫁入り”の頃から通院され優しかったS.T様,そして弟さま有難うございます。2018.12

 

 

45周年(平成27=2015年) 節目の師走

早良区野芥の”つりっ子”にて忘年会を開催

料理も美味しく、とても楽しい一時をスタッフ一同過ごしました

 

 

昭和の頃より通院されていたH.Tさまの作品

平成28年夏に、早良区早良のご自宅にてご家族の元、お看取り致しました。

"多くの方に見てほしいの..."と言われておられました。

 

2017年 初秋の医院南西風景

夢の東京オリンピック迄3年きりました♪

 

 

最終更新 2019.09.10 08:19